人のやっていないことを、やっていく。

ピンチも楽しみ、切り込み隊長を担う若手リーダーに

■チームリーダーってどんな役職ですか?
私は通信系企業の経理システムを開発するチームのチームリーダーを務めています。初めてチームリーダーになったのは入社して4年目の春、メガバンクのプロジェクトを担当した時のことです。たった3名だったチームが12名になり、責任者として人をまとめる大変さを痛感しました。
メンバーに思うように動いてもらえず、タスクがなかなか進まない。正直「自分がやったら早いのに」と思って悪戦苦闘しましたが、人を育てるのもリーダーの仕事です。メンバーにあらかじめ業務の目的を明確に伝えたら、自分とメンバーとの間のズレがなくなり、意志疎通がスムーズになりました。そのほかにも自分からメンバーに「困ってない?」と頻繁に声掛けしてコミュニケーションを密に取り、チームワークを向上させました。
image01
■チームリーダーのやりがいは何ですか?
新人の頃にお世話になったチームリーダーが「どんなに大変なプロジェクトも楽しくやろう」と言って背中を押してくれる人で、当時からずっと尊敬しています。だれかひとりに負担がかからないようにみんなで分担し、大変な時期も楽しく仕事ができました。私もそんなチームリーダーになりたいと思っています。
チームリーダーのおもしろさは、自分でチームの方針を決め、チームをまるごと作り上げられること。いろいろなメンバーがいるので「こうすればいい」といった正解はありませんが、試行錯誤した末に全員が同じ目標を目指し、一体感を持って行動できた時にやりがいを感じます。どんなピンチも楽しく乗り越え、どんなに忙しい日々も振り返った時には「楽しかったね」と笑い合えるチームを作りたいですね。
image02
■チームリーダーになって変わったことは?
私はもともと土壇場に強いタイプで、切り込み隊長の役割を担うことが多く、ハードなプロジェクトを経てチームリーダーになりました。それでもチームリーダーは大変で、自分の業務に加えてメンバーの業務管理もしなければならない多忙な日々に苦労しましたね。
日々仕事に向き合ううちに、会社の看板を背負っているんだという責任感が芽生え「俺がチームをまとめている以上は絶対になんとかする」というプライドが育ちました。リーダーになると、どんなに大変なプロジェクトも乗り切る気概とタフさが培われ、簡単にはゆるがない強い自分に成長できますよ。

私のキャリアパス
Career Path

1年目
メガバンクのシステム開発を担当。初めての仕事で右も左もわからないまま、がむしゃらに働いて怒られた日々。
3年目
地方銀行のシステムを担当し、多忙な日々を過ごす。 自立自走し、主体的に仕事に取り組むようになった。 ピンチヒッターとして活躍し、タイトなスケジュールにも対応。 キャパシティが増え、自信がついた。
4年目
メガバンクのプロジェクトに戻り、初めてチームリーダーに。 当初はプレイングマネージャー的動き方をしていたものの、だんだんリーダーとしての自覚が芽生え、マネジメントにも力を入れるようになった。
5~7年目
信系の会社に移り、現在までの数年間いくつものプロジェクトを担当。 自分一人分ではなく、チーム分の責任を感じるようになり、個人の作業よりチームで目的を共有することに重きをおくようになった。

Next Other Stories

株式会社ティエム2
〒107-0052 東京都港区赤坂 3-21-16 SKI赤坂ビル7F
採用連絡先: 07013144059

Copyright © 2015 TM2, All Rights Reserved.
本コンテンツ内に含まれる全ての著作物は著作権法により保護されています。
それらを無断で複製、改編、翻訳、頒布、展示する事は禁止されています。